本気で禁煙に取り組む為にすること

本気で禁煙をすることを決意した場合には二つのことが最低限必要になります。一つは二度と煙草を手にしないということであり、必要があればライターやマッチなども破棄してしまっておくことが大切です。どんなことがあっても買わないということが貫き通せれば喫煙はすることができません。禁煙を実現する上では最も重要となる考え方であり、自動販売機だろうとコンビニだろうと手の届かないものであるという認識を持っていくことが大切です。しかし、それだけでは不十分な点が一つあり、ニコチン依存症である場合にはその解消を同時に行っていくことが必要になります。ニコチン依存症になってしまっていない場合には煙草を買わないというだけで禁煙を実現できることは多々あります。しかし、ニコチン依存症になっている場合にはその本気の取り組みがかえって仇になってしまうこともあるので注意が必要です。ニコチン依存症の程度が激しい場合にニコチンの摂取を一度にやめてしまうと離脱症状と呼ばれる震えや意識の錯乱なども伴うような危険な症状が出てきてしまうリスクがあるのです。そのため、ニコチンは一度にやめるのではなく、徐々にやめていかなければなりません。しかし、煙草の本数を少しずつ減らすというのは意外に難しいものであり、気がついたらまた増えてしまうということがよくあります。そのため、ニコチン依存症の場合にはニコチンの摂取を別のものから行うことによって禁煙に取り組んでいくことが大切です。禁煙補助薬としてニコチンを含むガムなどが市販されていることから、そういったものを煙草と置き換えて使用していくことでまず煙草なしでも生きられるようにするということが大切になります。

禁煙の補助薬を使いましょう

禁煙ができないという人の多くが苦しんでいるのがたばこに含まれている依存性のある物質の影響です。たばこを吸いたくなる原因物質でもあるニコチンはたばこを吸うことに夜って得られる快感を担うものであり、これがあることによってたばこを吸い始めるといつまでも吸いたいという気持ちにかられるようになります。その依存性の高さは快感を生み出したいという気持ちが強いほど大きくなりがちであり、精神的依存が始めに起こり、その後には肉体的依存とよばれる状態になってしまうこともしばしばあります。そういった状況になってしまっていると、禁煙をすることはかえって危険になり、離脱症状や禁断症状とよばれる症状に悩まされてしまうことになります。その依存の度合いが高いのに無理に禁煙をしたことによって精神に障害が生じてしまうリスクもあるとされているほどに危険なことになります。そのため、徐々にニコチンを減らしていくことによって身体を慣らしていくことが禁煙の過程で必要にならざるをえないのです。しかし、健康を考慮するとすぐにでもやめたいという人も多いのが事実です。そのために役立つのが禁煙の補助薬です。補助薬にも幾つかの種類がありますが、ニコチン自体あるいはニコチンと類似した作用を示す物質が含まれていることによって、たばこ由来のニコチンを代替していくことができます。そのため、禁煙をしても離脱症状に悩まされるリスクが軽減されることになって安全にたばこをやめることができるようになります。それによって禁煙に成功したら、その禁煙補助薬を減らしていったり、安全な範囲で設計されているものであれば単純に補助薬をやめたりするだけでニコチン依存症の克服もできるのです。

禁煙が成功することによるメリット

煙草を吸っている人の多くは煙草によって日常的なストレスを軽減したり、いざというときの集中力を高めたり、自分の活動度を高めたりするのに活用しています。そういった嬉しい効能があるにもかかわらず、禁煙をしなくてはならない社会的な傾向が生まれてきているのはなぜかと思ってしまう人もいるでしょう。煙草に含まれているニコチンには確かにそういった効能があることは確かなのですが、煙草にはネガティブな面もあるのが明らかとなっており、健康や美容に大きな支障をもたらすことがわかっています。タールによって肺が冒されてしまったり、ホルムアルデヒドやベンゾピレンによって癌のリスクが高まったり、一酸化炭素によって血液が実質上酸欠の状態になって全身の酸素供給の状態が悪くなってしまったりといったことがその代表的な健康被害です。こういった影響を含めて様々な疾患と喫煙の因果関係が解析されてきており、高血圧や糖尿病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の発症リスクを高めてしまうことも明らかとなってきています。禁煙に成功することによってこういった健康への悪影響を受けずに済むようになり、健康的な一生を過ごしていくことができる期待がより高まるようになるのが大きなメリットです。それに加えて、家計にも大きなメリットをもたらすことができます。たとえ一日に300円の煙草を一箱だけ吸っていたとしても、月間の出費は9000円にもなります。年間にしてみれば10万円を越えるものになるため、これを節約できるだけで他の楽しみにお金を使っていくことができるようになります。喫煙が原因で病気になってしまったらその医療費もかかることも考えると経済的なメリットも大きいのです。
■禁煙薬といえばこれ!禁煙成功率90%以上の禁煙治療薬
チャンピックス